久しぶりにNSP鍼のポイントを発見しました

臨床で頭痛を訴える患者さんは多いですよね。原因や症状そして治療も様々ですが今回経験して気づいたのは所謂「帽状腱膜&頭半棘筋」由来の頭痛です。頭痛の原因としては、頭部や特に上半身の固定を強いられる事(美容院でのカットや歯科治療など)によってそのあとに頭痛が起きることが多いです。症状は一見普通の肩こりや後頚部のコリに思えるのですがその治療だけではなかなかスッキリしません。
色々試してみましたが今のところ鍼はJSPの132を使用して後頭骨の帽状腱膜&頭半棘筋に横刺していきます。本数としてはかなり多めです。一本一本しっかりではなく多数で効果を出す感じです。直後効果も良いですが何より質感がグーんと変わります。まだまだ始まったばかりです。これから研究していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です