膝関節のMAXIS-2の発見の第一歩 ♯3

本日も来院されました。ご本人的には楽になっているとのことですが・・・私としてはうーん微妙ですね。ある程度まで関節が拘縮したのであとは平行線から改善方向へ行ってほしいのですがなかなかイマイチです。ですからまた別の切り口というか、やはり膝関節拘縮が長くなってくると歩行時に膝関節の屈曲・伸展動作を省いて股関節の挙上動作のみで歩行しているように見えました。なので先ずは膝関節の屈曲時にどこを使っています❓膝を伸ばすときにどこが頑張ってますか❓そんな感じでその動きを頭に入れてもらい、その間にパテラのMAXIS-2を行いました。不思議と帰りは歩行が速くなったのと、患者さん自身が笑顔になってくれたのが何より嬉しかったですね。
でも何か突破口を開きたいものです。また研究を続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です