頚部のNSP改良の気づき

ここ最近の課題の一つに頚部のNSPの鍼がありました。腰部と同じように鍼を打ってもなんか・・・イマイチ かといって何かイメージがわく訳でもなく・・・。先週の水曜日に行った患者さんが本日いらっしゃって頚部の具合も良かったのですが、何より質感がかなり変わっていました。もともとその方は椎骨に筋膜が吸い込まれていているので一見具合が悪そうに見えないのです。ですがそれは大間違いで前回、その時できる頚部のNSPに鍼を行いました。今回は前回みたいではつまらないもっと効果的な打ち方はないかと思っていたところふと気がついたのです。文章ではうまく伝わりませんが鍼の方向をランダムにしてNSPに行いました。とても好感触です。次回が楽しみですし、他の患者さんにも行ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。