プチ改良シリーズ ♯3 前腕の骨間膜の矯正について

手関節屈曲・伸展・橈屈・尺屈制限がないのに前腕の回内・回外制限がある場合です。前処理として、筋・筋膜の治療を行いそれでも前腕の回内・回外制限が改善しない例はたくさんあります。今までもそのような症例に対しては以前臨床で使っていたオステオパシーの手技で対処していました。ですがそうではなくそのイメージを進化させて行うやり方を思いつきました。
前腕の骨間膜のARCTとといいますか・・・そんなイメージです。数例行いましたが、歪んでいる骨間膜はARCT中に不思議な音がするのです。そして患者さんは「気持ちいいですね なんだろうパチっとしますね」という感想を言ってくれました。これからも続けてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です