骨盤のアウトフレアと股関節外転位

何故かほとんどの症例でそのタイプは大腿骨小転子あたりの筋肉(大腰筋の停止部付近、内転筋の緊張 これは股関節外転を抑制しようとしている事による過緊張かも)の盛り上がりに205もしくは258を直刺は有効。効果が出ると何故か骨盤の開きが抑えられる印象。

3件のコメント

  1. 確認の仕方は軟部組織寄りの触診で確認するのでしょうか?今度確認させてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です