距骨のMAXIS-2♯24

今日は2つの気づきがありました。1つは仰向けでよく行う肩上部の筋膜のテンション検査ですが、今までですと斜角筋に鍼したり筋膜リリースを行なっていました。もちろんそれも良いのですが、その片側の肩上部の上がり下がりを距骨のMAXIS-2で変化をすることがわかりました。なんとなく評価として使ってみたくなりまして、やってみたところ劇的な変化に患者さんもびっくり・・・。上がっていると思われた側が下がって、下がっていると思われる側が上がりました。この現象は関節のアライメントが矯正されるとよくあるんですよね。上がっている側も下がっている側もどちらも正しくないという考えです。
もう一つの気づきは距骨に対しての関節包内の締まりの姿位は立位と座位で緩みの姿位は横になること でした。じゃアグラは❓ 緩みの姿位ですね。小さな気づきですが嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です