ご冥福をお祈り申し上げます。

先日、現在通院されている患者さんからNさんが一週間前にお亡くなりになったことを聞きました。とてもびっくりしましたし、とても残念な気持ちになりました。Nさんは、とても正直で真面目な方でした。主訴は右上肢の痺れで、数年通院して頂きましたが軽減はしましたがなかなかあっと一歩改善せずお互い悶々としていました。昨年の7月に思いっきって言いました。「Nさん、申し訳ないですけど、私の技術ではこれ以上厳しいかもしれません。本当すみませんが治療の方一旦お休みしてみたらいかがでしょうか」と。Nさん「先生、見捨てないでくださいよ 私も色々無理してるから治り悪いのもしれないから治療してほしい それは困る」と。私の意志は固く「ごめんなさい ごめんなさい」でした。
昨日、ある患者さんからNさんが一週間前に肺がんでお亡くなりになったことをお聞きしました。もしかしてあの時の治りの悪いしびれの原因は・・・と思ってしまいました。
まだまだ自分の力不足を感じますね。週末、肺がん、パンコースト腫瘍調べて見ようと思っています。Nさん、信じて通院して頂きまして本当にありがとうございました。Nさんのこと決して忘れませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です