関節の長軸性のズレについて

この前の投稿距骨のMAXIS-3 ♯6 & 盛りだくさんで書かせてもらいましたが、ちょうどここ最近3例の肘関節の非外傷性の関節障害の患者さんがいらっしゃいました。偶然3例とも長年テニスをされている方で明らかに腕尺関節、橈尺関節の固着があります。そのうちの1例は自分の治療では厳しいと思いまして精密検査をしていただきました。結果はやはり関節内の固着がかなり良くないらしく手術を勧められたそうです。私ができることは・・・頑張れば症状の進行を抑制できればと思ってはいますが。残り2例は大丈夫です。1人は肘関節の屈曲制限と回外制限。もう1人は屈曲&伸展、回内制限です。関節のミスアライメントの結果、前腕の伸筋群に疲労がきています。今後もこの非外傷性の長軸変位について研究していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です