関節矯正の前処置について♯2

前回、「関節矯正の前処置について♯1」では関節矯正する際の前処理の重要性について投稿しました。今回はつづきで仕上げとして関節矯正を行う場合とそうではない場合についての持論を書かせてもらいます。関節の歪み(身体の歪みではない)の原因として大きく3つあります。一つ目は遺伝です。(親子って歩いてる後ろ姿とか似ますよね)2つ目は怪我とかいわゆる外傷です。(軽い捻挫とか突き指、継続的な同じ部分への振動も含まれます)3つ目はこの二つの複合です。では術者はその3つの原因をどうやって患者さんから導き出すか❓ これはMAXISです。MAXISを最初に発見した時はMAXIS発見の歴史♯1に書いてありますが関節矯正・軸合わせだったのですが行っていくうちに検査でも使えることを発見しました。この発見は私の治療家人生において大変重要な発見でした。つづく・・・

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。