距骨のMAXIS-2について♯21 

今日は昨日投稿した「3.ヤンキー座り&片足立ち評価」で全て行ってみました。とても興味深い気づきがありました。最近感じるのは今までの研究が全て繋がってきている そんな手応えを感じてきています。まだまだですけど・・・もう少ししたらまた鍼の方の気づきがあるかもしれません。今は全く思い浮かびませんがそろそろ何か発見したいです。ここ数年前から気になっていたのですが、頭頂部が細いかつお節のような形で膨隆しているのです。おそらく頭頂葉をかなり使っているのかもしれません。物体の識別や空間認知に関わる部分ですので。自分の足の裏からの感覚などの情報をもとに自分自身が空間に対しどの場所に位置しているか、身体の傾きなどがあるかを考えているのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です